洗剤を無駄なく使うために

ここ最近は様々な形で環境問題が取り上げられていますが、自動車は特に環境問題に深く係わる要素があるので、自動車を普段から使用しているという方は人一倍環境に配慮した行動を取るべきではないでしょうか。例えば洗車をする際も大量の水を使ったり洗剤を洗い流した水を排水として捨てるなどお世辞にも環境に優しくない活動を行うというわけでもないので、洗車をする際であっても環境を配慮した行動を取るようにしましょう。例えばバケツを使うのも環境を無駄に傷つけるのを防ぐ効果があるので、普段バケツを使わないという方は必ずバケツを使いつつ洗車を行うようにしてください。

 
バケツを使用しながら洗車をすることは環境保護にも大きく繋がります。例えばバケツいっぱいに水を入れてその水を使って洗車をするようにすれば、いちいち外に設置した水道から水を出し続けて水道代を多く支払うような事にもなりませんし、洗剤を直接スポンジやグロスなどに付けて洗浄すると必要以上に洗剤を多くつけやすくなり、洗剤を洗い流す際余計に多くの水が必要になることも多いので、洗剤を使用する際は洗剤をバケツ内の水で溶いてその水にスポンジなどを付けて作業したほうが無駄なく作業を進める事が出来るでしょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。